クルマのキー紛失以外も役立つ、忘れ物防止タグを比較!

クルマのキー紛失以外も役立つ、忘れ物防止タグを比較! 内装パーツ
クルマのキー紛失以外も役立つ、忘れ物防止タグを比較!

皆さんはクルマの鍵を紛失したことがありますか?

または、クルマの中でスマホや財布を無くしたことは??

少し前から出ている「忘れ物防止タグ」がクルマでも活躍するので、

その使い方と比較をしてみたいと思います。

クルマのキーを無くした事があるかたはもちろんのこと、

実はキャンプやお出かけにも大活躍なんでお付き合いください。

一番のオススメは「tile(タイル)」コスパ最高!

最初に「一番オススメの忘れ物防止タグ」をご紹介します。

それはアメリカで作られた「tile(タイル)」です。

忘れ物防止タグで一番オススメのタイル

忘れ物防止タグは2パターンの使い方があります。

タグを付けておいた物を無くした際に、スマホなどを使って探すのと、

スマホを無くした際に、タグを付けておいた物から操作して探す、です。

前者は忘れ物防止タグの一般的な機能である一方、

後者については一部の高級モデルにしか搭載されていません。

忘れ物防止タグからスマホが探せる物

Qrio Smart Tag ¥3,500-
Tile Mate ¥1,972-
Tile Pro Black ¥4,195-

忘れ物防止タグからスマホが探せない物

MYNT ES ¥1,599-
MAMORIO ¥3,499-
MAMORIO FUDA ¥2,975-

以上のようになっており、tileの安さが際立ちます。

また、忘れ物防止タグからスマホを探す以外にも、

注目しておきたい機能がいくつかあります。

機能比較①:電池交換

MYNT、MAMORIOは電池交換不可となります。電池が切れると買い替えです。

機能比較②:スマホ以外の追跡

MAMORIO、QRIO、tileはスマホと最後に通信した場所を記録します。

これにより「どこで落とした」という大まかな位置がわかり、検索可能です。

更にMAMORIOは全国の駅などに専用スポットがあり、

自分のタグがついた物が届くと連絡があります。

これにより「◯◯駅に届けられた」とかがわかるようになっているんですね。

機能比較③:置き忘れ防止通知

MAMORIOには「置き忘れ防止機能」がついております。

例えば鍵を落として、落とした場所を離れると…「鍵は手元にありますか?」と

スマホに対して通知を送信してくれます。

機能比較④:他の人によるタグとの通信記録

QRIOやtileは他のユーザーとの通信も記録されます。

ですから、万が一落とした場合に他の人が落とし物についたタグと通信をすると、

その記録を追いかけることが可能となっております。

以上の様な差があり、決してtile一択ではないのですが、

今回は「キャンプ」など人通りが少ない場所でも使うことや、

自動車ユーザーを主体としており「tile(タイル)が一番」としました。

また、他ユーザーの電波を使う機能は「ユーザー数(知名度)」もあり、

どうしても「高機能で低価格(だけどマイナー)」は

機能的には優れていても使えないので今回は有名な物をピックアップしています。

では、キータグがあるとどう便利なんでしょうか?

出先でのクルマのキー失に効果を発揮

最も考えられるのは出先でキーを紛失した際です。

キャンプやレジャーになると洋服を着替えたりしますよね。

その際に意図せずポケットなどからキーが落ちることもあります。

経験された方がいるかもしれませんが、夜間に落とせば最悪です。

海やキャンプなどで行く場所の多くは暗くなっており、

スマホや懐中電灯が照らす範囲は非常に限られています。

目の前にあるけど、草に隠れているなんてケースも…

そんな時に、タグ側で音を出せるならもっと早く見つかりますよね。

意外と便利な「荷物を探す」ために

先程は「紛失」という万が一の話をしましたが、

意外と活躍してくれるのは「荷物がいっぱいの旅行やキャンプ」で、

特定のものを探し出す際の「目印」としての機能です。

タグを装着した状態でアラームを鳴らせば場所がわかります。

また、個人的に経験があるのですがテントなどの袋は、

他人と同じ場合もあり「間違って持っていかれる」ケースもあります。

そんな際にタグが目印になると共に、アラームを鳴らすことで、

探す余計な手間を省くことも可能となります。

子供の見守りに(オススメはしません)

最後に、意外とつかえるのが「子供の見守り」です。

この手のタグでよくでる話ですが、ペットや子供が一定距離離れた際に、

スマホに「置き忘れ防止」のアラートを出して知らせる方法です。

なお、先に紹介した電池交換式のtileにこの機能がなく、

紹介では入れてない電池交換不可のtileかMAMORIOが対応します。

他にも、下記の商品に置き忘れ防止機能があります。

GLCON ¥1,680-
FINDORBIT ¥4,860-

タグでの子供監視はオススメしません

ただ、書いておいてなんですが「子供の監視」に使うのはオススメしません。

もちろん、万が一の際には活躍してくれますし、便利なのは事実ですが、

特定距離はなれるまで見ていないというのは、

例えば親の近くでケガをするリスクに直面していても気が付かない恐れがあります。

「タグがあるから安心だ」なんて思ってしまっていると、

例えば親から離れていない場所でやけどをしたり川に流されたり、

はたまた「クルマで誘拐されて、特定距離離れて気づく」なんてことも。

ですから、あくまで最終手段であり目を離すのは得策ではありません。

一部のキータグは通信距離が100mなんてものもありますが、

100m離れてから気づくのでは、それこそすぐに対処ができませんからね。

子供の見守りを忘れ物防止タグ任せにするのはオススメしません。

あくまで「最後の最後、使えるように」としておいてください。

忘れ物防止タグはカーライフを少し快適に

最近は大きな家電量販店でも購入できるようになった忘れ物防止タグ、

あれば生活が少しだけ快適になります。

またクルマユーザー独自の使い方で、カーライフが少し快適になります。

みなさんも独自の使い方を探してみてはいかがでしょうか。

いざというときに役立つ「保険」のようなものではありますが、

使い方によっては「更に快適」も手に入れられるかと思います。

スマホを必要としないタイプもありますので、合わせてどうぞ。

Esky ¥2,399-

タイトルとURLをコピーしました