三菱10年10万km保障に見る「儲け」のカラクリ

http://www.carview.co.jp/news/0/129238/
三菱 i-MiEV、接近を音で知らせる装置を搭載へ
http://www.carview.co.jp/news/2/128803/
三菱 i-MiEV、7月から豪州でリース販売 海外で2か国目

i-MiEVでイケイケな三菱ですが
既存の車にも嬉しいサービスが追加されています。
http://www.carview.co.jp/news/2/128805/
三菱、最長10年10万Km特別保証延長をスタート

とんでもなく長い保証制度ですが、大丈夫か!?
特設ページを見てきました。


http://www.aichaku.jp/menu/menu02.html
上記が10年、10万km保証の特設ページ。
様々な条件がある中で、ちょっと気になるのがありました。
対象車種:2010年2月17日以降に発表発売された三菱車(一部車種は除く)
コレは当たり前でしょう。が、一部除くということでハイパワーな車や安い車、悪路走行を前提とすると外される!?その決定権は三菱にあるわけです。
対象ユーザー:新車購入(ファースト)ユーザー(三菱販売会社(含登録販売店)において、新車を購入したお客様)
保証継承した車は不可能ということ。登録済みの「新古車」はアウトですね。未登録車はOKです。走行100km、2オーナー目でも延長保証が受けられません。
保証対象条件:三菱販売会社(含登録販売店)への特別保証部品に対する“保証延長”の有償の点検整備を受けた場合
これは通常のメーカー保証でもありますが、この段階で故障の可能性があるパーツは交換されたりします。
対象部品:特別保証部品(エンジン、ブレーキ、ステアリング、トランスミッションなど、一部部品を除く)
当たり前ですがパッドやローター、クラッチなんかの消耗部品は保証対象外でしょうね。
延長期間:特別保証部品に対する“保証延長”の点検整備を受けた場合点検を受けた時点から次回の車検まで(最長10年まで
これはポイントだと思います。保証延長を受けると次回の車検まで保証が延長される。要するに車検終わるたびに「保証延長のための整備」を受けろってことです。
まとめると車検のたびに整備に来て、ディーラーでしっかり整備保証をしてくれるなら最大で10年10万km保証しますと。ただし、保証を貰うためには5年目以降毎回ディーラーでの保証延長のための点検整備が必要。
社外の格安部品を使ったり、町工場の安い工賃で作業を行おうとしても結局最終的に三菱ディーラーに出向く必要があります。
10年間の保証をもらうとして4回ほど保証延長のために点検整備が必要です。ここで交換が必要な部品を逃すと保証は切れてしまう。もったいないからディーラーで高くても整備してしまう。
まあ、儲かるわけですよね。
前から整備も車検もディーラーって人にはありがたい話です。

タイトルとURLをコピーしました