JASRACが問題発言!無料で音楽配信可能になった!!?

ちょっと面白いというか、本当だったら怖いニュースをひとつ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000002-jct-soci
「韓国や中国で日本の歌が盗作された」とされる「疑惑」は決して少なくないが、韓国の人気歌手が、ラジオ番組の中で、自らの代表作が日本の楽曲からの盗用だったことを明らかにした。「盗用だったことが分かったので、
日本側に著作権料を払った」などと話しているものの、自分が歌っていた曲が盗用だったことを告白するのは異例だ。
 盗用を告白したのは、2010年5月にデビュー20周年を迎えたばかりの人気歌手、イ・スンファンさん。
 なお、「よあけのみち」の著作権を管理している日本音楽著作権協会(JASRAC)では、「JASRACが楽曲の利用許諾を行っている範囲は日本国内なので、韓国国内での利用許諾については把握していない」と話している。
問題となったのは太字の部分
「JASRACが楽曲の利用許諾を行っている範囲は日本国内なので、韓国国内での利用許諾については把握していない」
要するに、日本国内でなければ知ったこっちゃないってことですが
グロテスクな画像や無修正のエロ画像を配信しているサイトなんかは
大抵海外のサーバーを利用しており、そのサイトを日本国内で見るのは合法。
しかし、日本国内のサーバーでこれをやると違法となります。
要するに、そういう考え方を適応すると海外サーバーに日本の楽曲をどれだけアップしても
楽曲の利用許諾が必要ないということですよね。
各国に進出しているアーティストだとあちらに事務所がありそうですが
邦楽のアーティストだとほとんどが国内限定の活動です。
2ちゃんねるをはじめ、ネット掲示板では結構な騒ぎとなっております。
JASRACの人は何を考えてこの発言をしたんでしょうかね…
一歩間違えれば、音楽をどんどんアップロードされて
それこそ音楽業界自体が潰れてしまうほどのことがおきそうですが。。。
YouTubeのサーバーが海外にあったとしたら
それに関しても「干渉しない(JASRACとしてはできない)」というのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました