水嶋ヒロを男目線で評価してみる

なんか偉そうなタイトルですが、単なる感想です。
ニュースでは「勘違い」と書かれていますが
俳優時代の稼ぎや今後の権利収入を含めそれなりの貯蓄があり
奥さんの収入もあるので、それを使いながら夢を追い求めたいのでしょう。
「ミュージシャンから作家に転身して成功した辻仁成を意識しているのかもしれないが、文学は持って生まれた才能の世界。しかも、芥川賞、直木賞を受賞しても本を5万部売るのは難しい時代。彼はまだ若くて発展途上だし、俳優業を捨てるのは明らかに損だ」
なんてことも書かれていますが
ぱっとでの小娘が書いた携帯小説に出版社が群がり
受賞を繰り返す立派な作家さんよりも売れたりします。
さて、誰が水嶋ヒロの作品を買うのか?
そう考えるとこの記事を書いた人が言う才能は必要ないのかも!?
また奥さんの病気も考えれば少しでも長くいてあげたいのではないでしょうか。
自分だったらそうするだろうなぁ。。。

タイトルとURLをコピーしました