夏は“停電”から『食中毒』と『熱中症』の大流行か!?

気持ちはわかります。
浜岡原発だけでなく、福井の原発も気になるところですし
反原発団体は「今こそ!」って感じなんでしょうけど
ただただ停めて、後のことは考えてるんでしょうか?


都心がこのまま計画停電となれば冷蔵庫やエアコンも停まります。
最近ゆっけが起こしたO111の食中毒が有名ですが
毎年猛威をふるうO157などの食中毒も流行りそうです。
また、思わぬところで食品が腐っていたり雑菌の繁殖が進む可能性もあります。
さらにエアコンとまってビルの中は温室状態
何かの間違いでエレベーター内で電気きれたら死ぬでしょうね。
そっから広がる自粛ムードからくる産業へのダメージなんかは
もう上記の二点以上にダメージが広がりそうですよね。
反原発団体の連中はどう考えているのでしょうか?
ただただ停めるだけでなく、その先のこともしっかり考えていただきたいですね。
関東は中部電力からの支援が一切見込めなくなりました。
東北電力がうまく稼働しなければ関東からの供給も必要でしょうし
被災地では瓦礫が腐って新しい病気も広がるとニュースや新聞、各種メディアで報じられています。
クールビズはもちろんですが、マンションやオフィスは何かしらの警告を掲げ
計画停電前には閉じこめられる人が出ないようにしていただき
飲食店は生食のものはもちろん、全ての食材の管理をしっかりとしていただき
危険性がある場合は営業を停止してもらうことも考えていただかないと怖いですよね。
それが東京や東北だけでなく、名古屋なんかにも広がるというわけですよね
何かしらの被害が出ないことを願います。

タイトルとURLをコピーしました