「もしドラ」劇場はガラガラ!?AKB48・前田敦子なんか使うから…

http://news.livedoor.com/article/detail/5614151/
「もしドラ」早くも失速? お客「ガラガラ」の映画館も
http://news.livedoor.com/article/detail/5614404/
劇場がガラガラ? 前田敦子主演映画『もしドラ』の悲劇

ニュース記事にまじめにコメントしても意味ないかもしれませんが…
上記を見てるとAKB48・前田敦子という話題のものを叩いて
楽しんでいる悪趣味な記事にしか見えない…というか
映画を見る人の気持ち、もしドラファンの気持ちをわかっていないと思う。
正直映画館に来たのは「話題の作品が映画化されたから」って人と「前田敦子のファン」だけで
「もしドラ」を好きな人なんてほとんど来てないんじゃないかな。
ましてや「これからマネジメントを学びたい」って人は皆無だろう。


そもそも、この書籍を最初に手にした人たち
要は「もしドラって本を話題になる前から買って、話題にした人たち」ってのは
ドラッカーの「マネジメント」を学びたくて買っているのではないか?
元々の書籍を読んで、知識を身につけたかった人たちだと思う。
というのも簡易版の書籍が多数でており

ようは「とっつきにくい」感じがあるようで…
できれば「もう少し薄く」とか「もう少しわかりやすく」とかの
願いがあったのかもしれない。
そこに現れたのがストーリーを見ながらドラッカーの“マネジメント”を学べる
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」である。

表紙を比べてもわかるとおり、ビジネス書とは思えないものであり
なおかつ「高校」というキーワードで「学生でも理解できた」という入りやすさもある。
あとは個人的な意見として「女子高生」にひかれたり「野球部」というものが魅力的だったり…
要はただのビジネス書として論文のようなの読まされるよりは簡単そうな雰囲気で
ストーリーを楽しみながら『マネジメント』を楽しく学べる本であるからこそ購入したんだと思う。
その次は「話題だから」で購入した人たちであり、そこは結構ミーハーであると思う。
さらに漫画やアニメにもなっている。

正直、この辺りのユーザーは既に何を求めているのかわかりにくい。
かなり入り込みやすいものの、やはり書籍というと気後れする人が
アニメや漫画でドラッカーの教えを聞きたかったのかもしれないが
正直、アニメにまでしてしまうといっこいっこ理論の説明なども少なくなるだろうし
一番最初に発売された書籍よりは内容が薄くなってしまう気がする。
てか、キャラクターがフィギュア化されて完全に「アニメ」として楽しまれているわけだし。。。

で、長々書いて申し訳ないですがもう少しお付き合いを。
要は漫画あたりまでは「ドラッガーの書籍は無理→もしどらの書籍も無理→漫画でドラッカー学ぼう」という
あくまでドラッカーの『マネジメント』を学びたい人がいると思う。
しかし1シーズンの回数と時間が限られておりその中でストーリーを進め
なおかつドラッカーの伝えたかった理論をしっかり説明するとなればアニメはかなり内容が薄れる。
でもストーリーを削ることはできないので、削られるは理論の説明。映画も同じ。
そうなってくると「マネジメントを学びたい!」って人より
「話題になったから見てみたい」「アニメキャラが好き」「一つの物語でドラッカーとかどうでもいい」
こういった意志の人しか既に残っていない気がする。
ストーリーの中で理論をまなべるのが「もしドラ」の良さであったのに
理論の部分をアニメや映画の都合でガリガリ削った作品をだれが見に行くのか?
ましてやストーリー見ただけでドラッカーの理論が理解できるとは誰も思わないだろうし
となればあくまで「前田敦子が主演の高校球児の話」程度になってしまうだろう。
しかもそんなのを「話題のもしドラ!」なんて宣伝の仕方をしたら
そりゃあガラガラの映画館も出ちゃったりすると思う。てか、宣伝…いや元々間違ってる。
消費者はそこまでバカでないし、マネジメントを本当に学びたい人は
いまなお一生懸命家で書籍を読んでいるだろうから、映画館に来るのは
「話題性のある作品だから」って人と「前田敦子だから」って人だけだと思う。
引き合いに出して悪いけど「宇宙戦艦ヤマト」でさえあのこけっぷり(てか制作費と同額の宣伝広告費という噂)
の日本映画で「前田敦子だからいけるだろ!」って
大学生のビジネスモデルでもそんな甘いのは出ないはず。
ニュース記事は前田敦子の日記やAKB48の人気のせいにしたり
「映画取る人がマネジメントを読んでいたら大盛況だったか!?」的なことを書くが
そもそも読んでたら映画化なんてしないし、来ても断る。
てか、まともなマーケティングが出来る人がいたらやらないだろう。
AKB48とか前田さんのファンではないが
芸能人全体としてこういう扱いをされるのはかわいそうかな。
むしろ中身のない「もしドラ」に人を集めた人気だけは認めてあげようよ。
あと宣伝効果もあったんだと広告代理店も褒めてあげよう。
ただ、映画で「もしドラ」として売り出そうとした企画者だけはしばらく勉強させろ。

タイトルとURLをコピーしました