次期ランボルギーニ・ガヤルドはカーボンボディ!?次期R8が見えてきた

http://www.carmagazine.co.uk/Secret-new-cars/Search-Results/Spyshots/Audi-R8-2014-Audis-plan-to-replace-its-mid-engined-supercar/
Audi R8 (2014): Audi’s plan to replace its mid-engined supercar

アウディのスーパースポーツR8の次期モデルが
2014年頃に登場してくるということです。
エンジンは現行モデルでV8が450馬力、V10が550馬力に対し
V8モデルで600馬力程度、これはS8やベントレーの
V8モデルにも搭載されるであろうエンジンだそうです。


そしてクーペに遅れること1年、スパイダーモデルも登場するだろうと。
何より気になったのが、ボディがカーボン+アルミということ。
マクラーレンMP4-12Cが約3000万円でカーボンバスタブにアルミフレーム
V8エンジンはターボ化され600馬力となっていることから
これを目指すモデルになってくるということでしょうか。
ちなみにガヤルドはR8より1年早い2013年に登場とのこと
R8とエンジン等が共通化された場合はどこで差を付けるか?
フラッグシップモデルであるアヴェンタドールがカーボンボディに
プッシュロッド式のサスペンションを採用してきていますので
そのどれかを受け付いでR8と差別化してくるんでしょうか!?

タイトルとURLをコピーしました