マセラティ・クアトロポルテの業者相場と底値の話

久々にUSSオークション他、業者間オークションの相場を見てました。
遂に6代目となるマセラティ・クアトロポルテGTSがマセラティジャパンからも登場しました。
今年の1月にデトロイトショーに登場してから発売まで早かったですよね
海外では既にクアトロポルテの弟分、ギブリに注目が集まっていますが…
ちなみに新型のクアトロポルテGTS、こんな感じです。

全体的なイメージはさほどかわってないような!?
ビッグマイナーチェンジと言われたら信じてしまいそうな気もしますが
立派なフルモデルチェンジですからね。
8速AT等も搭載しており、エンジンはダウンサイジングされるもツインターボ化
先代の5代目クアトロポルテGTSが440馬力だったのに対して
新型の6代目クアトロポルテGTSは530馬力となっております。
ちなみに「GTS」ではなく「GT S」とのこと。。。失礼!!
さて、そんな現行の話はここまでで、5代目クアトロポルテの話です。



今見ても決して古さはなく、むしろ良さが更に伝わってくるデザインですね。
ピニンファリーナデザインですが、フェラーリエンツォのデザインでも有名な
日本人の奥山清行市氏のデザインんでも話題となりました。
初期のモデルになると2004年から登場しているクアトロポルテ
エンジンは4.3LのフェラーリF430とベースを共有したもので
発売当初はセミオートマの「デュオセレクト」しか設定がありませんでしたが
2007年から普通のオートマチックモデルが登場しております。
ちなみにデュオセレクトの方が好きな方はお好きなようで…
その操作性もですが、デュオセレクトはミッションがリアデフにくっつくトランスアクスル方式
一方オートマモデルはエンジン後方にミッションが付いて、若干重量バランスが違います。
どちらも50:50に近いのですが、拘る方はデュオセレクトに拘ります。
相場で言いますと、比較的初期で2004-2006辺り
ホワイト、パール、ブラック以外のカラーで50000kmを超えてくると
正直オークション相場は200万円台以下の物も出てきておりました。
一番安いものでゴールド系、8万km台で100万円台半ば
そうなると買取は既に100万円台前後となっている可能性もありますね。
もちろんコーンズのD車ですが、記録簿ベースで見る限り
ここ1万km以上クラッチ交換がされていない車両でした。
ちなみにこれで事故歴なしですから事故をするともっと安いか海外へ…
日本の中古車はコンディションがいいのであんま安いと海外へ輸出されます
特にフェラーリやランボ、国産スポーツカーは需要が高いですし
マセラティなんかも海外では超高級車ですからね、それが格安なんです日本は。
ただ過去にも何度か言ってますが、安く買えばそれだけ修理等が必要なケースもあり
この安い車両たちも大抵は購入と同時か早々にクラッチ交換が訪れます。
http://sokonebuy.seesaa.net/article/210831876.html
さらにコンディションを上げていくと400万円台の車両が多くなり
そこから上はSやGT Sといったモデルになると更に上がりました。
2008年にモデルチェンジジが行われ、セミオートマの「デュオセレクト」が消えました。

このモデルになると一気に値段が上がります。
正直、あったら前期のATモデルを買った方がいいんじゃないかと…
というのも、前期モデルは奥山デザインで後期はデザイナーが異なります。
現代風にLEDランプなんかが採用されているのですが
やっぱり前期の方がクアトロポルテらしいという声が聞こえてきます。
ましてや後期に1000万円台中盤より出すならね…
現行モデルの新車が1690万円ですから、そっちの方がいいのかと。。。
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/jp/index/models/Quattroporte-GT-S/specification.html
個人的なお勧めとして、とりあえずクアトロポルテを楽しみたくて
なおかつ買ってすぐの整備うんぬんが嫌な方は400~500万円台にて
安く探すなら店頭価格200万円台もあるでしょうし
出てきそうにないならオークション代行業者に頼んでしまいましょう。
ちなみに、オークション代行業者で稀にオークション結果をごまかす奴らがいます。
商売なんで原価を見せたくないのもわかりますし
USSなどは一般人が入ることを禁止されており、私も画像を使ってません。
ただ「業者間の取引価格で買える!」と言いながら落札価格誤魔化すのは
立派な詐欺行為であり、そこまでするなら手数料上げるか
「街の相場より安く買えます」という言い方にするのがいいかと…
業者向けオークションが見えるからこそ、嘘もよくわかります。
自分の経験上ですが、オークションの落札リポートにデカデカと金額書いてる業者
これでまっとうな落札価格を見た経験が数十件のうち数件でした。
全てが嘘とは言いませんが、あまり信用するのもどうかと思います。
それでしたらきっちりと整備と保証をされるお店で買うか
安さ一番、整備と故障は自己責任で個人売買を探してもいいのかもしれません。
例えば底値となった100万円台のクアトロポルテ
150万円の落札として、お客さんの手元には200万円前後で来ると思います。
一方で買取価格は120万~130万円がいい所
そこには買取業者、USS等のオークション、落札業者がいますから
その分だけ各社の利益が乗って来てしまうのが事実であり、それは商売の基本です。
となると、個人売買で買う場合は50万近い金額の開きもありえるわけですね。
ただし、USSは事故の履歴や故障があれば全てチェックします。
買取業者や落札業者はUSSへの出品や、お客さんとの契約の都合で直します。
その「修理・整備」が中間の利益に載っているのですから
それを省けばその分車がボロっちいまま、事故歴不明なまま到着するわけですね。
ちなみに、この手の車で事故だった場合は2~4割減になると考えますので
120万円の買取の車は70~100万円程の買取になってしまうでしょうね。
150万、170万で安く買って、実は事故車だったら…ね。
乗りつぶすか、遊び半分で買うならこれくらいでもいいかもしれませんが
しっかりとしたのが欲しい方はどうぞ中間の400~500万程のクアトロポルテをどうぞ。
ちなみにクーペによく乗りますが、このエンジンは最高ですよ!
自分のNSXよりもレスポンスがいいというと嘘だとよく言われますが
暖機が終わったあとは本当にレーシングカーのようなレスポンスです
そこはフェラーリとベースを共通したエンジンということで
そこんじょそこらのパワーだけのセダンには真似が出来ないものがあります。

タイトルとURLをコピーしました