内容に矛盾がある歴史報告書での損害賠償認めず!韓国はやっぱりおかしい

過去史委の報告書に基づく国家賠償命令、大法院が認めず
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/24/2013072400711.html
これはなんとも面白い(笑)
詳しくはニュースの記事をどうぞ。


1950年末から翌年1月にかけて全羅南道咸平郡で起こった国軍や警察による住民虐殺事件(咸平良民虐殺事件)の被害者の遺族Aさん(64)が国に損害賠償を求めた訴訟で、大法院(最高裁判所に相当)第2部(金竜徳〈キム・ヨンドク〉裁判長)は23日までに、原告一部勝訴とした原審を破棄し、審理を光州高裁に差し戻した。
 咸平で義務警察として勤務していたAさんの父親は、50年に警察に連行され、数カ月後に遺体で発見された。「真実・和解のための過去史整理委員会」は2009年、現場調査や参考人の証言などを基にAさんの父親を虐殺事件の民間人犠牲者と推定し、Aさんはこれを根拠に損害賠償訴訟を起こした。
 裁判所は、過去史整理委員会の調査報告書であっても、内容に矛盾がある場合や事実関係が不明確な場合、これを基に国家賠償を決定してはならないと説明。「Aさんの父親が警察に射殺されたとは推定し難く、過去史整理委員会も故人を犠牲者と『推定』したにすぎないことを踏まえると、証拠調査を経て調査報告書の記載内容を裏付ける必要があった」と指摘した。
要は提出される歴史的な証拠書類に矛盾があったり
おかしな部分があるから損害賠償請求を認めないってこと。
これ、どこかで聞きましたよね?
一生懸命ロビー活動してるアレです。
要は自分たちが日本に対して求めている事を
自国内の法律では「認めないよ」としているわけです。
なんとも韓国らしいというか…
それ以上に歴史を偽造してでも国からお金を取ろうとしているのか
実際にこういったことがあったのかはわかりませんが
何より証拠書類に矛盾がある以上、何かしらのねつ造があるんでしょうね。
それは資料を捏造しただけでなく、例えば無関係の資料を使ってるとか。
結局は国民性ということで片がついてしまいますが
それにしても成長がない連中と言うか
自分たちでボロを出す民族ですね。
まあ、嘘を嘘で塗り固めるので仕方ありませんが。。。

タイトルとURLをコピーしました