F1日本GP、ブレーキトラブルがあったハースF1、ロマン・グロージャンのブレーキは日本メーカーも多く採用するあの企業のものだった!!

三重県の鈴鹿市で開催されている、F1日本GP。
多くのトップドライバーも愛する高速&テクニカルの複合コース
そんなサーキットで、ブレーキトラブルを抱えたら…そりゃあ怒りますよね。。。
グロージャン「またブレーキが壊れた! こんな危険なことは受け入れられない」:ハースF1 日本GP金曜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00054223-rcg-moto

記事中では「悪態をついた」みたいに書かれていますが
グロージャンのコメントどおり320km/hでブレーキが効かなくなったら
そりゃあ冷静な判断ができなくなることだってります。
サプライヤーはもちろん、自分のマシンだけ壊れるとなれば
それはチームスタッフへの怒りもあると思います。
そんなこんなで、どこのブレーキを使っているのか調べてみました。
なんと、皆さんご存知のあのメーカーです。
日本車はもとより、世界中で多数採用されているといえばおわかりでしょう。

はい、ブレンボです。
HAAS F1のチームサイトに詳細が記載されています。
https://www.haasf1team.com/machine
ブレンボのカーボンモデルということですが
どうぞ、マクラーレンなんかも採用している
AKEBONOをご利用ください、と言いたいですね。

http://www.akebono-brake.com/motorsports/jp/index.html
ちなみに、akebonoのブレーキはマクラーレンに搭載されており
F1はもちろん、ロードカーにも採用されています。
最上モデルのMcLAREN P1もakebonoブレーキ!!

といっても、一部は純正採用されたりしてますし
今回トラブル起こしたブレンボのような特別なものではありません。
レース業界からしたらブレンボ、AP、Alconに比べたら
まだまだなブランドなんですけどね…
ただ、F1はもちろん、様々なモータースポーツから新幹線まで
更には超高性能車から、一般的な車両まで対応しているのがポイントかと思います。
それにしても、早々にグロージャンのブレーキトラブルは解決してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました