BMW M2の「ECU交換で160馬力アップ」は壊れそう…アルファ4Cのチューニングカーと比較

チューニングパーツ

本日、こんな記事が出ておりました。

「ECUチューンだけで約160馬力アップ!?」BMW M2コンペティションの恐るべきチューニング適合度に迫る!

「ECUチューンだけで約160馬力アップ!?」BMW M2コンペティションの恐るべきチューニング適合度に迫る!(web option) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ECUチューンだけで約160psアップするM2コンペの実力GRスープラへの対応と欧州スポーツ車のECUに挑むECUチューンのエキスパートとして知られるチューニングショップ“フェニックスパワー”が、BMWのM2コンペティション(6速MT:87...
M2はこの子、3Lツインターボ搭載

ちょいちょいっとチューンして160馬力アップはいいですね。

通常だとタービン交換からインタークーラー周りの変更、

給排気はもちろん、ときにはエンジン本体やインジェクターにも手を出します。

そこまでやってこそ「160馬力アップ」ですが、BMW M2はECU交換だけ。

ただ、なれたチューニングショップさんのようですが、

やはり補機類への負担を考えると「危なそう」って思います。

丁度「パワーアップキット」を見ていた車があるので、

合わせて見ていきたいと思います

まもなく終了、アルファロメオの4C

実はアルピーヌA110とアルファ4Cで悩んでおりました。

どちらも「必要十分なパワー」はわかるのですが、

もう一声、荒々しいパワーがほしいなと思ってまして、

「パワーアップキット」を探してたら見つけたんですね。

https://www.alfaromeo-jp.com/models/4cspider/

ノーマル+240馬力の「4C ネメシス」

https://www.pogea-racing.com/index.php

なんか無いかな~と調べて見つけたのがコチラ、

馬力が約2倍になってしまうチューニングメニューがありました。

が、記事を読むと内容はしっかりしてるんですよね。

もともとの1.75リッターエンジンを1.95リッターにまでボアアップ…これらによってなんと出力は477馬力にまで向上。…これに耐えるためにトランスミッションも改良されている、とのこと。

http://intensive911.com/?p=127104

非常に正しいと思います。ミッションの改良まで…ってね。

もちろん自動車は「マージン」を持って作っていますし、

意図的に馬力をダウンさせることはあります。

例えば280馬力規制時代の車では80スープラやGTOが、

給排気とECUセッティングだけで300km/hオーバー出来るようになったり、

マフラーで強引にパワーダウンさせるので、マフラー交換で50馬力上がったり。

ただ、その裏ではブーストも上がり、車への負荷が増えるので、

GTOのミッションなんかは「よく壊れる」なんて言われてましたし、

Z32なんて、パワーアップと同時にオーバーヒートを経験します。

BMWはSMGでやらかした経験もありますし、

3Lツインターボとはいえ、かなりの馬力をだしており

「絞り出している」感は否めないのでね…

もちろん、ショップなんで冷却系のパーツなどは提案あるでしょうが、

ミッションやエンジン本体への負荷を考えると怖いメニューかと…

ちなみに、以前紹介したフォード・フォーカスRSを520馬力にするキットも

「キット」であり、要は補機類など含んでのセットでした。

そう考えると今回のBMW M2のECUはよくよく相談しながら導入したいですね。

タイトルとURLをコピーしました